認定証

認定証明カード(以下、認定証)は、Pecfis認定試験に合格したことを証明するものです。一級認定の場合は青色、二級認定の場合は赤色のカードが交付されます。

CertificateYS002card

認定証に記載されているID番号は、認定者各人に付され、認定者個人を識別するものとなります。諸手続及びお問い合わせの際に、本人確認のために使用されますので大切に保管してください。

よくある質問

更新手続き及び更新不要の認定証について

認定証の有効期限は、認定証発効日から起算して2年となります。有効期限満了日の60日前から30日前までに「更新手続きに関する事項」をご参照の上、内容に従い手続きを行ってください。なお、更新手続きには別途、更新料が必要となります。

所定の更新期間内(有効期限満了日の60日前から30日前まで)に更新手続きを行った場合は、有効期限のない別の認定証が交付され、以降の更新手続きは不要となります。ただし、諸手続きの懈怠等、認定者の責めに帰すべき事由により、認定期間が途切れた場合はこの限りではありませんのでご注意ください。

更新手続きに関する事項

  • 認定証の更新手続きにつきましては、有効期限満了日の60日前を目途に通知致します。
  • 所定の期間内に更新手続きが行われない場合、認定証に記載された有効期限の期日をもって認定証の効力は失効し、同時に認定資格は取り消されることとなります。再び認定を受けるには、再度受験が必要となりますのでご注意ください。
  • 更新手続きには所持する認定証の送付が必要となります。

 

連絡先等の変更があった場合

登録された住所・氏名・連絡先等に変更があった場合は、「連絡先等変更手続きに関する事項」をご参照の上、内容に従い手続きを行ってください。

連絡先等変更手続きに関する事項

  • 手続きの際に本人確認のため、ID番号・旧連絡先等を確認することがあります。
  • 氏名の変更は、本人様の戸籍等の変更がある場合に限ります。

 

再交付手続き

認定証の紛失、盗難、破損、滅失その他の事由により、認定証の所持を失った場合は、事務局までご連絡ください。内容に従い、直ちに認定証及びID番号の利用停止措置をとります。認定証の再交付を受けるには、「再交付手続きに関する事項」をご参照の上、内容に従い手続きを行ってください。

再交付手続きに関する事項

  • 一度喪失した認定証及びID番号等は、有効期限満了までの残余期間に関わらず、その効力を失うこととなります。認定証の所持を失った場合は、再交付手続が行われるまで認定資格を利用することはできませんのでご注意ください。
  • 再交付手続きが行われない場合、規定により認定資格を取り消されることがあります。
  • 手続きの際に本人確認のためID番号・連絡先等を確認することがあります。