更新手続きに関する事項

認定期間の更新を希望される方は、認定証に記載されている有効期限満了日の60日前から30日前までに、下記をご参照の上、内容に従い手続きを行ってください。所定の更新期間内に更新手続きを行った場合は、有効期限のない別の認定証が交付され、以後の更新手続きは不要となります。

更新手続きが行われない場合、認定証に記載された有効期限の期日をもって認定資格は取り消されることとなります。再び認定を受けるには、再度受験が必要となりますのでご注意ください。

手続き方法

認定期間の更新を希望される方は、次の①を印刷し、必要事項を記入の上、所持する認定証②と併せて事務局までご郵送ください。認定証の紛失等により②の同封が行えない場合には、本人確認のための添付書類③を同封してください。なお、更新手続きには、別途、更新料④が必要となります。

手続き書類と更新料お支払いが確認され次第、新たな認定証を交付致します。お届けまで1ヶ月程度かかりますのでご了承ください。更新料の振込日より30日以上経過しても新認定証が届かない場合は、事務局までご連絡ください。

① 申請書

認定更新申請書(PDFファイル)

② 所持する証明証

更新手続きには、現在所持している認定証が必要となります。申請書をご郵送の際に所持する認定証を同封してください。なお、更新済みの認定証は、更新手続き完了と同時に処分されることとなります。

③ 本人確認のための添付書類

認定証の紛失等により、更新手続きの際に②の同封が行えない場合は、本人確認のための書類が必要となります。申請書に記入する氏名・住所と同一のものが記載されている次の(1)から(5)いずれか一通の写しを同封してください。

(1)運転免許証
  • 有効期限内のもの
  • 裏面に記載がある場合は、裏面も必要となります。
(2)住民票
  • 交付後6ヶ月以内のもの
  • 複数枚で発行されている場合は、切り離さずにまとめてください。
(3)住民台帳カード
  • 有効期限内のもの
  • 裏面に記載がある場合は、裏面も必要となります。
(4)パスポート
  • 有効期限内のもの
  • 顔写真入りのページ及び所持人記入欄(裏表紙の内側)が必要となります。
(5)在留カードまたは特別永住者証明書
  • 有効期限内のもの
  • 表面・裏面が必要となります。

④ 更新料

更新手続きには、下記の金額が必要となります。認定証の同封を行わない場合は、再登録が必要となり、更新にかかる料金が異なりますのでご注意ください。申請書をご郵送の後、申請書記入日より8日以内に、お問い合せに掲載されている指定口座へ「銀行振込」でのお支払いをお願い致します。

更新手続き 更新料
認定証を同封した場合 1,500円
認定証を同封しない場合 1,920円

注意事項

次の各項目に該当する場合は、対応できないことがあります。

新たな認定証の送付にあたり

新たな認定証は、普通郵便または簡易書留郵便にて申請書に記入された住所宛に発送致します。新認定証の送付にあたり、簡易書留郵便を選択される方は、更新手続きの際に 必要料金分(310円)の切手を同封してください。

その他

更新期間を過ぎてしまった場合

所定の期間内に更新手続きが行われない場合、認定証に記載された有効期限の期日をもって認定資格は取り消されることとなります。ただし、天災その他やむを得ない事情により、更新期間内に手続きを行えなかった場合には、次の各号すべて満たすことを要件として、認定期間の更新を行うことができます。

一 有効期限満了日から起算して6ヶ月以内に、電話、書面又は電磁的方法により当財団へ更新の意思表示を行い、遅延の正当な理由について、疎明書類等を添えて説明ができること

二 遅延理由につき、当財団が適当であると認めた場合

三 当財団が指定する期日までに、指示される内容に従い更新手続きを行うこと